So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

発想を形に 服飾専門学校生がショップ運営(産経新聞)

【ファッション・ナビ】

 将来のファッション業界を担う人材の多くは専門学校で育つ。ただ、実際に企業などで働き始めると、学生時代のイメージとは大きく違って大変だった−という経験のある人は業界を問わず多いだろう。大阪文化服装学院(大阪市淀川区)は企業の協力を得て、学生に店の運営を経験させる学科を設けている。大阪・キタにあるショップで、学生たちはモノを売る難しさを実感しつつも、日々工夫を重ねている。(青木勝洋)

 大阪市北区中崎西のJR高架下にある商業施設「チェルシーマーケット」。この中の約40平方メートルのスペースで、同学院ファッション・プロフェッショナル学科の学生たちが「GEEK LAB.(ジークラボ)」という店を運営している。スタッフは、店長の升川拓さん(21)ら6人。商品の買い付けを担当するバイヤーや広報を担当するプレスなどそれぞれ役割が決まっている。

 服も置いているが、ぬいぐるみや帽子、かばん、文房具など雑貨中心に約300点の品ぞろえ。ターゲットの客層は、18〜22歳のシンプルだが小物でアクセントをつけるおしゃれな人だという。

 オープンは昨年9月18日。「最初は服中心で考えていた」(升川さん)が、同じフロアには人気セレクトショップが隣接。この店との差別化を図らなければ自分たちの店が埋没してしまう。そこで雑貨の比率を増やした。「でも、雑貨は商品単価が服と比べると安いので、売り上げ増になかなか結びつかなくて」(升川さん)と試行錯誤の毎日だ。

 同学院が大手アパレル専門店チェーンのパル(本社・大阪市中央区)の指導協力を得て、この学科をスタートさせたのが平成12年4月。升川さんたちは10期生で、昨年4月から8月までは、販売実習などを経験する一方で、出店予定地のリサーチや企画書作り、商品の仕入れなど出店準備を進めてきた。

 2月には決算と卒業論文が控えている。これまでの店舗運営について、升川さんは「店を持続させることは難しい。変化をつけないとお客さんもあきてしまうし」と振り返る。升川さんらを指導する同学院教員の播岡充さんは「学校にいたら経験できないこと」と学生たちの成長ぶりに目を細める。実践教育とは、本来このようなことをいうのだろう。

 厳しい経験を重ねる中で升川さんは「ステップアップしていって、最終的には自分の店を持つのが夢」としっかりと将来を見据えている。

 ジークラボは今年8月までの予定。9月ごろには、11期生のショップがオープンすることになる。学生たちの真剣勝負の発想が、次はどんな形で具体化するのか楽しみだ。

 ■GEEK LAB.(ジークラボ) 大阪市北区中崎西2の4の20 チェルシーマーケット内 (電)06・6292・1448 営業時間は午前11〜午後9時

【関連記事】
ど真ん中は狙わない 関西発ファストファッション「イーヴス」
今年の流行を占う 明るくポジティブ
長短“二極化ブーツ” 冬脚席巻
10年春夏東京コレクション 個性的な味わいお試しを
毎日のお風呂に癒されて イスラエル発のバスブランド「SABON」

<陸山会土地購入>石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁(毎日新聞)
節分の巻きずし商標訴訟、イオンが逆転勝訴(読売新聞)
首相動静(1月22日)(時事通信)
インプラント再使用問題、問い合わせ150件(読売新聞)
昨年の自殺3万2753人、前年より504人増(読売新聞)

列車事故 特急とトラック衝突 乗客ら25人軽傷 北海道(毎日新聞)

 29日午後0時27分ごろ、JR函館線の深川−妹背牛(もせうし)駅間の「深川6号線踏切」(北海道深川市深川町)で、旭川札幌行き特急「スーパーカムイ24号」(5両編成、乗客102人)がトラックと衝突し、一部の車両が脱線した。北海道警深川署などによると、乗客23人、運転士、トラックの運転手の計25人が軽傷を負ったという。

 現場は妹背牛駅から約3.4キロ離れた地点。JR北海道によると、踏切には警報機と遮断機があった。事故の影響で函館線は深川−滝川駅間の上下線で運転を見合わせた

【関連ニュース
<写真特集>列車事故といえば JR福知山線脱線事故
鉄道事故:男子高校生はねられ死亡 千葉のJR成田線踏切
踏切事故:特急が軽乗用車と衝突 男性1人死亡 青森
鉄道事故:自殺?相次ぐ 朝の広島市内JR、1万6000人影響 /広島
JR根室線事故:人為的ミス原因か 負傷12人に

陸山会事件、党は調査せず=不動産所有「倫理の問題」−鳩山首相(時事通信)
<伊達市長選>仁志田昇司氏が再選(毎日新聞)
名実逆転のデフレ続く=10年度経済見通しを閣議決定(時事通信)
自殺防止の対策チームを新設へ―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
ブリキロボットと箱絵の原画展(産経新聞)

亀井氏「国民の相当数、冷静な判断能力ない」(読売新聞)

 国民新党代表の亀井金融相は25日、衛星放送BS11の番組で、小沢民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件に関して「今の国民は相当数が大脳皮質で冷静に判断する能力をお持ちでない。新聞が『けしからん』と書いたりすると、その人(小沢氏)が何を言っても耳を貸さない」と述べた。

「(無実と思ったことは)ないです」元検事、当時の認識きっぱり 足利再審(産経新聞)
<学力テスト>誤答指さし再考促す…東京・足立区立中の教員(毎日新聞)
<なべ漁場>岩手側で合意 青森の漁業者と新たなすみ分け案(毎日新聞)
羽田空港で警備員に暴行、毎日新聞社員を逮捕(読売新聞)
「北限のサル」公開初日に逃走=上野動物園から6時間半(時事通信)

<鳩山首相>「石川議員が起訴されないことを望む」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は21日、官邸で記者団に対し、政治資金規正法違反容疑で逮捕された石川知裕衆院議員に関し「起訴されないことを望みたい」と語った。検察も含む行政トップの首相が、検察が判断権を持つ起訴の適否に言及するのは極めて異例で、新たな批判を招きそうだ。

 首相は記者団から、党として石川議員へ除籍などの処分をするかを問われ、「起訴された仮定の話で、あまり答える必要はないかもしれないが、起訴されないことを望みたいが、どういう状況になるかをもって判断したい」と述べた。

 これに先立ち首相は、衆院予算委員会で自民党の谷垣禎一総裁に「指揮権発動を意識しているか」と問われ、「そのような思いはまったくない」と答えていた。

 23日に行われる見通しの東京地検特捜部による小沢一郎氏への任意の事情聴取に関し、首相は「幹事長が自分の潔白を証明したいという強い意志で聴取に応じると思っている。そこですべてが明らかになると強く願っている」と語った。【小山由宇】

【関連ニュース
衆院予算委:首相、議員生命懸ける 「戦う野党」自民不発
普天間移設:鳩山首相、改めて5月中の決着を強調
鳩山首相:23日、地方視察へ 原則、毎週末実施
鳩山首相:小沢幹事長自身での潔白証明に期待
鳩山首相:「熱っぽい行動控えるべきだ」 党内検察批判に

異例の懲戒免職2回目 また飲酒運転発覚(産経新聞)
元フィギュアコーチに懲役7年=教え子の女子中生に暴行−名古屋地裁(時事通信)
ご注意!キャッシュバック偽装、実質ヤミ金(読売新聞)
無免許でしみ取り=エステ店経営者ら逮捕−大阪府警(時事通信)
「国民の理解得る」小沢幹事長、民主幹部に(読売新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。